東京おもちゃ美術館に行った話 0~2歳児向け

妻と共通の友人と一緒に四谷にある「東京おもちゃ美術館」に行ってきました。

室内遊技場って、探せば東京にはそこそこありますが、大きい子(4〜5歳)も一緒だったりすると、中々怖くて遊ばせられなかったりしませんか?

この「東京おもちゃ美術館」は、0~2歳児用に遊べる部屋があり、娘も楽しく遊んでこれたのでレポします。

公式サイト:東京おもちゃ美術館

入口

四谷三丁目駅から歩いて7分。子供と一緒に歩くなら15〜20分くらいでしょうか。

住宅街の中に「四谷ひろば」という所があります。

東京おもちゃ美術館1

ここは、元々小学校だったようです。

中に入ると、階段や廊下、教室の名残を感じられます。

東京おもちゃ美術館2

入り口の外に「ベビーカー置き場」があります。

東京おもちゃ美術館3

中に入って左手に「ロッカー」もあるので、ちょっとした荷物なら入れておくことができます。

東京おもちゃ美術館4

入館料

入館料は大人800円、子ども500円です。(6ヶ月未満なら無料)

ペア券を使えば、100円引きの1200円で入れます。

東京おもちゃ美術館5

赤ちゃん木育ひろば

入口を入って、階段で2階へ登り(エレベーターもすぐ近くにあります)入館料を払ったら、そのまま奥へ進んで、また階段を降ります。

すると、「赤ちゃん木育ひろば」と呼ばれる部屋があります。

東京おもちゃ美術館6

ここが、0~2歳児用の遊びスペースで、走り回るような大きい子達はいないので、安心して遊ばせることができます。

広さは小学校の教室を思い浮かべてもらえれば何となく伝わるかと思います。

たくさんの子どもたちがいたので、写真はあまり撮っていませんが、

東京おもちゃ美術館8

木の滑り台や

東京おもちゃ美術館9

こんなトンネルがあったりします。

他にも

  • 木の家
  • 木馬
  • 木のおもちゃ

などなど、木製の遊具がたくさんあり、木のぬくもりを感じられる優しい雰囲気になっていました。

また常にスタッフさんが2名いたのも安心できるポイントです。

おむつかえコーナー

「赤ちゃん木育ひろば」入口前におむつを替えられる部屋もきちんとあります。

東京おもちゃ美術館7

終わりに

東京おもちゃ美術館は、これ以外にも遊べる所がいくつかあり、3歳以上の子達が遊べる広場もあります。

おもちゃの販売コーナーもあり、娘は「赤ちゃん木育ひろば」にあった「木のトレーラー」がだいぶ気に入ったようで、当然販売コーナーにも同じのが売ってあり、ついついビジネスモデルにやられて買ってしまいました(笑

2歳以下の子どもでも安心して遊べる所なので、ぜひ行ってみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

子どもが産まれたことをきっかけに働き方を見直し、フリーランスSEになった30代の父親。 埼玉県某市在住。 妻と娘(1歳)とペット(フェレット)で、日々悩みながらも楽しく過ごしています。