在宅ワークの感想

実は本業を在宅で仕事できるようになってから3ヶ月が経ちました。

これまでは、「リモート案件がないとは言わないが、何だかんだ客先常駐案件が多くを占めていた」という状況でしたが、コロナのこともあり、これまでリモートには踏み込まなかった企業もリモート業務対応に切り替えてきたことで、僕も念願だったリモート作業が出来るようになりました。

もう既に多くの人がリモートワークに関する良いところ、悪いところに言及していますが、僕も子育てと共にもった感想を述べたいと思います。

メリット・良いところ

通勤時間がない

言わずもがなですね。
コロナと言われると、どうしても満員電車は気になりますから乗らなくて済むのも有り難いです。
また、子どもを保育園等に預けている場合、送りと迎え両方が可能になりました。これはかなり大きい違いです。

中抜けができる

ちょっと所用をこなしたい(スーパーで買い物したい、役所に行きたい、銀行に行きたいetc)時も昼休みの時間を使って行くことができます。
1時間の休憩で足りなければ、前もって言っておけば2時間くらい抜けてもさほど問題にはなりません。
その分の時間は別で調整すれば良いだけです。

ここら辺は休憩時間がきっちり定められている正社員だと難しい会社もあるかも知れません。
業務委託のフリーの場合、そこは原則自由です。

子どもの病院にすぐ行ける

中抜けができるというのとほぼ同じですが、何かあった時病院にすぐ連れて行くことができます。

洗濯物・布団が干せる

地味ですが、「天気がちょっと微妙かも…?」という時も洗濯物や布団を干して仕事が出来ます。
雨が降り出したらすぐ取り込めば良いのですから。
えっ乾燥機?なんですかそれは?

デメリット・悪いところ

在宅ワーク環境を整える必要がある

今までも、本業とは別の作業を家でやってはいましたが、ちょっとした作業だったのでそこまで本格的な作業環境を整えてはいませんでした。
ですので、本業の作業もやるとなるとやはりそれなりのデスクや椅子といった環境は整える必要があります。
自分が今回用意した環境は

  • ガス圧昇降式デスク:15,000円
  • 椅子:25,000円
  • サブディスプレイ:17,000円

合計:57,000円

でした。もちろん経費になりますけどね。

家庭と仕事の境界が曖昧になる

多くの人が実感していると思いますが、「通勤・出社して仕事」というプロセスがなくなるため家と仕事の境界が曖昧になりがちです。
中抜けした場合は、調整する分夜もちょっと仕事したりするわけですが、子どもがいると子どもの相手もしつつ仕事することも起こり得ます。
これは単純に物理的な時間を隔てられてしまうということもありますし、脳のメモリーを仕事と育児に分けなければいけないのでメンタル的な負荷も凄い(語彙力)という問題があります。

何だかんだ疲れる

ただの分担の話ですが、保育園の送りと迎えは家にいる人の方が行きやすいので、必然的に両方やるようになりました。
毎日のことなると、やはり少々しんどいです。
通勤がなくなった分単純に楽になる。とは違います。

運動不足になる

これ、リモートしている人がよく言ってるのを聞いてた時は「そんなもんなんかな。」と思っていましたが、中々どうして運動不足を感じますね。これ。

チャットコミュ障の人と会話するとストレス

リモートワークなので、基本のコミニュケーションツールはテキストのチャットになるのですが、話が中々進まないって人がいます。
ある問題を解決したい際に、こっちが知りたいこと手探りで「では○○は△△ですか?」と聞いたりします。
それに対して返事が「そうです。」とかだけだと、こっちはどんどん掘り下げて質問しないと解決まで辿り着かないので結構負担を感じます。こっちの聞き方も悪いのかも知れないですけど…。

余談

この辺は個々の感じ方というか、置かれている立場での違いなんでしょうが、デメリットとして「水道代やガス代が在宅しているとかかる。会社は補助して欲しい」という人をたまに見かけます。
個人的には、電気代とインターネット使用料は分かるとして、水道代とガス代は仕事する上で全く関係ないのでお門違いではないかな。というのが正直な意見です。
個人事業主で経費申告する際も、家でPC作業するだけなら水道とガスって全く関係ないので経費に計上しないですしね。

会社がどのように手当てを出すかは、まだ手探りだろうなとは思いますが。

終わりに

最後の方はちょっと愚痴になってしまいましたが、僕が感じているのはこんなところです。
人によって合う・合わないはあるでしょうが、自分はリモートワークは今の生活にフィットしていて良いですね。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

子どもが産まれたことをきっかけに働き方を見直し、フリーランスSEになった30代の父親。 埼玉県某市在住。 妻と娘(3歳)とペット(フェレット)で、日々悩みながらも楽しく過ごしています。