【VisualStudio】デバッグが出来ない

ある日VisualStudioでデバッグが行えなくなりました。

デバッグできない0

「デバッグ」メニューの 「デバッグなしで開始」 をクリックすると、アプリは起動するのですが、当然ブレークポイントには止まりせん。

プログラマーなら当たり前のことですが、デバッグが出来なければほぼ仕事にならないので、結構な問題です。

対処方法

原因は分からないのですが、自動でデバッグプロセスにアタッチ出来ないのであれば、手動でアタッチすることでアプリケーションのデバッグを行うことができます。

①デバッグプロセスを開始する

まず、アタッチするためのデバッグプロセスを上記の、「デバッグ」メニューの 「デバッグなしで開始」 から開始する。

②「デバッグ(D)」 メニューの 「プロセスにアタッチ(P)」をクリックする

デバッグできない1

③下記のウィンドウの「すべてのセッションのプロセスを表示する(N)」にチェックを入れる

デバッグできない2

④デバッグプロセスを探して「アタッチ(A)」をクリックする

MVC5以前の ASP.NET アプリであれば、プロセスはw3wp.exeです。

デバッグできない3

上記メッセージが表示されても、そもまま「アタッチ(A)」をクリックします。

 

これでブレークポイントにも止まるようになります。

※上記画面は全てVisualStudio2010です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

子どもが産まれたことをきっかけに働き方を見直し、フリーランスSEになった30代の父親。 埼玉県某市在住。 妻と娘(3歳)とペット(フェレット)で、日々悩みながらも楽しく過ごしています。